■作り方 
子犬の歯はまだ子供の歯なので、ご飯をあげる時は、 お湯で15分ぐらいふやかしたフードをつぶして食べさせます。 

■1日の食事回数 
1日の食べる量を決め、それを2回~3回に分けて与えます。 できたら3回に分けてあげてください。 
※新しい家庭に来た場合、環境の変化から、食欲が落ちる ことがあります。 
通常2・3日もすれば元に戻りますが、 それ以降も食欲がないようで あれば、獣医さんにご相談してみて下さい。 

■食事量の目安 
各ドッグフードに目安量が記載されていますが、 犬種等によっては与える量が若干異なる場合があります。 病院の先生、各メーカーにご相談して下さい。

■離乳食はいつまで? 
最初に食べた量を基準に徐々に増やして行き、 逆にお湯の量は減らし気味にします。
生後90日以降(歯が生えてきた頃)は完全ドライに 切り替えるとよいでしょう。
※完全ドライに切り替える目安は歯の生え方で異なります。 ブリーダーさんによっても、最初からドライでOK というブリーダーさんもいます。 かかりつけの獣医さんにご相談されたほうがよいでしょう。

■フードを変える場合 
ドッグフードを変更する場合、いきなり新しいフード に変えるのではなく、今のフードに少量ずつ新しいフード を混ぜて与えるようにしていきます。
1週間ほど時間をかけて少しずつ新しいフードの 量を増やしていきます。そして完全に切り替えるようにして下さい

☆犬に与えてはいけないもの一例☆ 
○ミネラルウォーター:水は新鮮な水道水を与えてください。
(ミネラルウォーターは尿結石を引き起こしやすい)
○牛乳:下痢の原因になりますから絶対に与えないでください。
○たまねぎ・ニラなど:ネギ類に含まれる成分でネギ中毒の原因に なるので絶対に与えないでください。
○硬い骨(鳥の骨・大きい魚の骨など) :ささくれた骨などが食道や 内臓などを傷つけます
○エビ・タコ・イカ :消化不良を起こしやすい。特に生の内臓には ビタミンB1分解酵素チアミナーゼが多く含まれているので、 急激なビタミン欠乏しょうになりやすい。

☆犬に与えても大丈夫なもの一例☆ 
サツマイモ・キャベツ・おから・キュウリ・リンゴ etc

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

犬種別情報

カード支払いができます。

カード支払いロゴ

世界各国で利用されている安全なオンライン決済です

子犬を全国へお届けします!

輸送可能地域

[北海道地方]
北海道
[東北地方]
青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島
[関東地方]
茨城・千葉・栃木・群馬・埼玉・東京・神奈川
[中部地方]
新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・静岡・愛知・岐阜
[関西地方]
三重・滋賀・京都・奈良・大阪・和歌山・兵庫
[中国地方]
岡山・広島・山口・烏取・島根
[四国地方]
徳島・香川・愛媛・高知
[九州地方]
福岡・大分・佐賀・長崎・熊本宮崎・鹿児島・沖縄

トップページリンク集

こいぬらんどワン 店長ブログ

店長ブログ

★可愛い子犬をブログでもご紹介してます。