子犬は「こいぬらんどワン」 > フラットコーテッド・レトリーバー ブリーダー子犬販売

» フラットコーテッド・レトリーバー ブリーダー子犬販売のページ

フラットコーテッドレトリーバー子犬は、
登録者がブリーダーさんのところで撮影していますが、頻繁に訪問できない地域もあります。
写真のない情報や、出産前情報など有ることもあります。→お探し問合せをご利用ください。


写真のない情報や、出産前情報など有ることもあります。→お探し問合せをご利用ください。

フラットコーテッドレトリーバー子犬選びは、これからワンちゃんと長い間暮らしていく上で、 重要なポイントです。
あなたは、 
フラットコーテッドレトリーバーの子犬を選ぶことは出来ますが、子犬はあなたを選ぶことは出来ません。

お互いが幸せな生活を送れますよう、
 以下のステップを踏んで選んで行きましょう。

・成犬時の大きさは?
・初心者向きか?
・性格は、穏やかか?
・運動や手入れの手間は?
・躾しやすいか?


・犬を飼っても良い環境か?
・室内・室外どっちで飼うのか? 
・近くに運動できる場所はあるか?
・誰が世話をするのか?(散歩をする人は?) 


・性別は?(気性・しつけのしやすさ・出産させるのか?)
・血統にこだわるのか?
・ペット用、ショー用?
・短毛、長毛?
・1頭で飼うのか?多等飼いか? 


環境の確認と家族の承諾を得た上で、

運命のフラットコーテッドレトリーバーの子犬に出会ったときに直ぐに、
行動できるように心の準備も整えてください。

犬種の特徴は、
血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬・猫のサイズが、
規定より大きすぎる場合や、又は、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の、
日頃から愛情持って接することで、体調の変化などに、
素早く気づき、対応していただくことが、何よりも重要です。


 

「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より(最終更新 2012年1月5日 (木) 14:14

フラットコーテッド・レトリーバー

フラットコーテッド・レトリーバー(英:Flat-coated Retriever)とは、イギリスのイングランド原産のレトリーバー犬種である。

歴史 :

本種の直系の先祖であるウェイビーコーテッド・レトリーバーに更なる改良を加えて1900年頃に誕生した犬種である。強化された点はすばやさと賢さ、嗅覚などで、ウェイビーコーテッドの人気を保ちながら知名度を向上させ、広く知られるようになった。使役は主に撃ち落された鳥を回収(リトリーヴ)することで、水中でも陸上でも迅速且つ正確に回収作業を行った。

もちろん、回収作業の際に鳥に歯型がつかないようにそっと咥える、ソフトマウスという技術も習得する事が出来る。この技術は遊びながら身につけていくもので、主人と川や野原でキャッチボールをしながら習得する。ソフトマウス習得用に使われるボールは特殊なもので、トゲの沢山ついたイガグリのようなのようなボールが使われる。これを強く咥えると口内に傷が出来て痛むため、次第に物をそっと咥えるように覚えていくのである。

1860年のバーミンガム・ショーに参加。当時はウェービー・コーティッドと呼ばれ、波状毛で体型的にもラブラドールとの差異も少なかった。時代が進むにつれ、波状毛が徐々に平滑毛に変わり、フラット・コーティッドと呼ばれるようになった。 祖先犬は小型のニューファンドまたはチェサピーク・ベイ・レトリバーの小型のものと思われているが、ラブラドールとカーリー・コーティッドによったという説もある。 当初は番犬として考えられていたが、その嗅覚がすぐれていたことから猟犬とすべく、重すぎる体重やバランスの改良がはかられ、犬種的な完成度が高められた。1864年の展覧会から他のレトリバーと区別されるようになった。 水中における鴨の運搬だけでなく、陸上においても獲物の回収犬として重宝がられている。 猟犬、家庭犬。

かつて作業犬として人気の高かったフラット・コーテッドであったが、ラブラドール・レトリーバーやゴールデン・レトリーバーの誕生により人気を奪われ、第二次世界大戦によって頭数が激減してしまった。戦後はほぼ絶滅の状態にまで陥ってしまったが、1人のブリーダーによって犬種が保存され、頭数を回復して今日まで生き残ることが出来た。

現在は世界的な人気のある犬種で、多くがペットとして飼育されている。日本でもラブラドール・レトリーバーやゴールデン・レトリーバーの存在に隠れているものの人気の高い犬種で、毎年多くの国内登録が行われている。2009年度の国内登録頭数順位は136位中37位とかなり高順位であった。国内にも多くのブリーダーが存在し、およそ18~25万円ほどの値段で販売も行われている。
特徴 :

頭部
スカルは長めで、ほどよい形である。頭頂は平らで適当に広い。ストップはわずかにくぼんでいる。耳付きは高くなく、耳は大きすぎない三角形で頭のよこに接して垂れている。目は中位の大きさでアーモンド型である。目色は暗褐色かはしばみ色である。鼻はかなり大きく鼻孔開いている。鼻色は黒だが、レバー色のブラウン・コートの犬はブラウンである。顎は長く強く、獲物のウサギやキジを運搬するのに適していなければならない。咬み合わせはシザーズ・バイトが好ましく、レベル・バイトも許される。


長く、しっかりしており、わずかにアーチし、スローティネス(のどのたるみ)はない。

ボディ
胸は深く、中位の幅があり、充実している。背は短めだが強固である。肋骨は前方ではかなり平らで、次第に張り出し、胴の中央部では十分にアーチし、腰に近づくにつれて軽い感じとなる。腰は筋肉がよく発達している。


太く、長くなく、トップラインの延長線上についている。垂れて保持し、背上にかかげることはない。

四肢
肩はよく後方に傾斜している。前肢はまっすぐで長い。後肢は大腿部は長く、筋肉に富み、バランスのとれたアンギュレーションで下肢につづく。指趾は丸く、堅くにぎり、パッドは厚く強い。
狼爪は除去する。

被毛と毛色
被毛は中位の長さで光沢があり、豊富である。フラットで寝ており、まっすぐでわずかにウェーブがかかっているのは許される。
毛色はブラックかレバー色に限られる。
犬がフル・コートにあたっている時期は、フロント、胸、前肢のうしろ、大腿、尾の下側は厚く、ふさふさしている。耳にも厚い毛がある。

歩様
スムーズで、流れるような歩様。

サイズ
体高は牡が 58㎝ – 61㎝、牝は 56㎝ – 59㎝。体重は牡が 25㎏ – 35㎏、牝は 25㎏ – 35㎏が望ましい。

性格
しつけの飲み込みもとても早く賢いが、仔犬は3歳になるまでやんちゃなため初心者は手を焼く事もある。遺伝的にかかりやすい病気は股関節形成不全症である。運動量は多いが、仔犬の時期を乗り切れば飼育のしやすい犬種である。

» フラットコーテッド・レトリーバー ブリーダー子犬販売

犬種別情報

カード支払いができます。

カード支払いロゴ

世界各国で利用されている安全なオンライン決済です

子犬を全国へお届けします!

輸送可能地域

[北海道地方]
北海道
[東北地方]
青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島
[関東地方]
茨城・千葉・栃木・群馬・埼玉・東京・神奈川
[中部地方]
新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・静岡・愛知・岐阜
[関西地方]
三重・滋賀・京都・奈良・大阪・和歌山・兵庫
[中国地方]
岡山・広島・山口・烏取・島根
[四国地方]
徳島・香川・愛媛・高知
[九州地方]
福岡・大分・佐賀・長崎・熊本宮崎・鹿児島・沖縄

トップページリンク集

こいぬらんどワン 店長ブログ

店長ブログ

★可愛い子犬をブログでもご紹介してます。